スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1966年/大市民 by植木等
2009.03.11 (08:37) 映画・DVDtrackback(0)comment(0)
最近、忙しくてブログが放置気味ですいません。

今日は最近購入した大市民という1966年NHKのドラマの紹介です。
このドラマは以前、NHKアーカイブスでも放送したので、ご覧になった方も多いのでは。
大まかかな、あらすじは
当時、憧れの団地生活をする村上家は商社の夫(植木等)専業主婦の妻(左幸子)
小学生の息子の3人家族。ある夏の日それぞれ3人が大変な目にあう一日のお話。
夫はライバル商社から引き抜きの誘いを受けたり
妻はトイレットペーパーを押し売りされ大変な目にあったり
息子は海水浴場で溺れて、危うく死にそうなになったり
とにかく3人の悲惨な一日。
ドラマの中では3人が、それぞれ大変なのですが
左幸子さん演ずる奥さんが一番悲惨な感じです。
最後はハッピーエンドなのですが・・・。

僕、個人的に植木等が大好きなのですが
無責任男とかの植木節はありませんが
油の乗り切った頃の植木さん、いい芝居してます。
あと左幸子の貴重な若い頃が見れたり。
この人お年を召されてからは魔女のようなイメージがあったのですが
この頃は、まだ十分綺麗です。

部屋の中の撮影が多いのですが
部屋中、昭和レトロです!(当たり前かっ!)
でも、そういうの見るだけでも十分楽しいかな。
あらためてこの頃のドラマを見ると
今更ながら世の中かなり変化したと気づかされました。
あまり細かく解説するとネタバレになるのでこの辺に
しときますが、昭和レトロ&団地マニア必見のドラマです!
是非、一度ご覧になってはいかが。

daizhimin.jpg

↑ブログランキングに登録しています。クリックして頂けると嬉しいですポチっと♪↓

お店のURL 
http://www.soukotengoku.com

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ




スポンサーサイト
prevhome next












トラックバックURL
→http://soukotengoku.blog26.fc2.com/tb.php/96-fde6e862
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。