スポンサーサイト
--.--.-- (--:--) スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さよなら!名鉄モノレール
2008.12.15 (01:25) 昭和レトロtrackback(0)comment(0)
犬山モノレールは名鉄犬山遊園駅~動物園駅を走る名鉄唯一のモノレールです。1962年に開業しその技術は東京モノレールでも応用されましたが、
利用者が少ないことや車両の老朽化などで2008年12月28日で廃止となります。そこで、前回のブログでも予告した通り今月の11日(木曜日)に乗車してきました。
この日はモンキーパークが休館日でモノレールのさよなら装飾も13日からという
事もあり、僕の他に4,5人ぐらいの乗車でガラガラでした。

  mono-1.jpg
犬山遊園駅の駐車場に車を停め下の切符売り場で切符を買いホームに向かいます。ホームの手前に昔の写真などが、展示してありました。
mono-2.jpg

開業当時の貴重な写真や
mono-4.jpg

10周年記念の時、一日車掌をした安田伸や木の実ナナの写真など
大変興味深いものでした。
mono-5.jpg

ホームには懐かしのモノレールがっ。
mono-8.jpg

今回20年以上ぶりの乗車でしょうか。感慨深いものがあります。
ネットで最近の姿を見た時は青色でしたが、白に塗り替えられていました。
なんとなくレトロっぽくてシンプルでイイ感じです。


車内に入るとオサルさんの青いシートが目につきました。
シートに腰掛けると座る部分の長さが少し短く、座り心地はイマイチかな。
mono-11.jpg

当時のHITACHI-ALWEGの名板が雰囲気あります。
mono-6.jpg

計器類は至ってシンプルです。
mono-10.jpg

実際に犬山遊園駅から成田山駅まで後部から撮影しました。ご覧下さい。


かなり久しぶりの乗車でしたが、乗り心地は振動もあり
あまり、いいものではありません。
何というか、浮いているような感覚があります。(レールを見ているからか?)
山の谷間にレールが通っているのですが、工事した人は大変だったでしょうね。レールを見ていると当時の苦労が想像されます。犬山遊園から終点までで運行時間は3分に満たないもので、あっという間です。特に途中駅の成田山まではすぐです。
最終だったので、終点からのとんぼ返りとなりました。

meitetu123.jpg

昭和45年前後の車内写真。

meitetsu1234.jpg

上の写真と同じような角度で撮って見ました。
シートは勿論ですが、内装パネルが張り替えられているのがわかります。

mono-9.jpg
レールもかなり老朽化してます。

mono-3.jpg
当時のパンフレット


最終間近のさよなら装飾をしてから乗車したかったのですが
多分、混雑が予想されますし、普段の感じで乗りたかったので
ちょっと早めの乗車となりましたが、写真もいい感じで撮れたし
良かったです。最後にモノレールをしっかり目に焼き付けて帰路に着きました。
形あるものは、いつかは必ず無くなります。
また昭和の遺産が無くなります。寂しいですが、長い間お疲れ様でした。

今月27日までの運行です。興味のある方は是非、行ってみて下さい。
↑ブログランキングに登録しています。クリックして頂けると嬉しいですポチっと♪↓

お店のURL 
http://www.soukotengoku.com

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
スポンサーサイト
prevhome next












トラックバックURL
→http://soukotengoku.blog26.fc2.com/tb.php/91-b581c28b
home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。